top

入れ歯の話

入れ歯が痛い

考えてみて下さい。
入れ歯は硬い歯の上ではなく、やわらかい歯肉(粘膜)の上に乗せます。
そして、その人の体重以上の力(人の噛む力)がそこにかかります。
つまり、痛くて当たり前なのです。

でも人間は、そのような状況にも順応していきます。
その入れ歯をうまく扱って噛めるようになるのです。
それが、慣れということです。

私たちは、その方がご自分の入れ歯に早く慣れるように、リハビリのお手伝いをさせて頂きます。

HOMEへ戻る

何で入れ歯は痛くなる?

入れ歯に問題がある場合

入れ歯の最重要ポイントは、何といっても噛み合わせです。
しかし、残念ながら、この噛み合わせがうまくできていない入れ歯、もしくはすり減ってしまっている入れ歯を日々よく目にします。
また、他にも顎がやせて合ってない入れ歯や、床の外形が良くない入れ歯など、色々なケースがあります。

このように、入れ歯に問題がある場合は、新しく作るか、使っている入れ歯を修理、手直しするかで、第一段階はクリアできます。

口の中の状態に問題がある場合

歯を失うと顎の骨は吸収し、人によっては、歯肉(骨)の山がかなり平らになってしまいます。
この山が小さいほど、入れ歯の安定は難しくなります。
特に下顎は上顎と違って、舌があり、動きが大きいので、総入れ歯で苦労されているほとんどの方が下顎の問題を抱えています。

本人が正しくかめない(悪い噛み癖がある)場合

ご高齢の方に多いケースです。
どんなに良い入れ歯でも、正しく扱えなければ(正しく噛めなければ)機能しません。
特に下顎がずれて噛む癖のある場合は、なかなか大変です。
このようなケースには、正しく作製された入れ歯を装着すると同時に正しく噛むためのリハビリを行っていきます。

HOMEへ戻る

痛い入れ歯・・・どうしたら良い??

入れ歯の痛みに対する治療は、徹底的な調整とリハビリにつきます。
特に、お口の中の条件が悪い方や適応力の低い方の場合は、時間をかけて治療をすすめなければなりません。
慣れの過程で、お口の状態は刻々と変化しますので、それに合わせて徹底的に調整していきます。

よく、新しい入れ歯がお口に入ると、治療が終わったと勘違いされる方がいらっしゃいますが、入れ歯の治療は、お口に装着した時点が本当のスタートになります。

最適な入れ歯でもっともっと人生を楽しみませんか?

入れ歯の種類

金属床

とても精度の高い入れ歯です。
金属の種類や作製工程の違いにより、色々な種類があります。
入れ歯は完全なオーダーメードなので、その人のお口に合った最適なものをご提案させて頂きます。

  • プラチナ床
  • 金床
  • チタン床
  • コバルトクロム床 など
レジン床

耐久性は劣りますが、その分修理や改造が比較的容易です。
特に顎の安定をはかるための治療用義歯として最適です。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の金具が見えてしまうという欠点を、柔軟性のある特殊な樹脂を用いることにより金具を使わずに、周囲から入れ歯であることが分からないように改良したのがこのノンクラスプデンチャーです。
保険で作製するレジン床に比べて強度に優れているため、落としても割れにくく、半分の重さしかありません。
口元に金具が見えることに抵抗のある方に適しています。

HOMEへ戻る
  • 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4175-3
    045-881-0156

    診療受付・休診日

    月曜日~金曜日(予約不要)
    受付時間 8:30~18:00
    土曜日(完全予約制)
    受付時間 8:45~18:00
    日曜日・祝日(休診日)

    一般歯科治療は原則予約治療ではございませんので、ご都合にあわせてご来院下さい。

    ※土曜日と一部診療につきましては予約制
     となります。

    JR東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、ブルーライン「戸塚駅」より徒歩10分

    ※バス停「日立入口」そば ※駐車場あり

page top